ニートで上京して一人暮らしをしたい 無職でお金無しでも東京で仕事を探した話

ニート

 

こんにちは。僕は23歳でニートをしている恭輔といいます。地元は宮城県です。

 

 

高校を卒業して一度正社員で地元でスーパーに勤めたんですけど、あまりの激務で過労と精神的なストレスで仕事ができなくなりました。

 

 

その会社は辞めて20代から3年間くらいちょこちょこバイトをしながらニートをしています。

 

 

親は今のところ何も言いませんけど、このままニートを続けていてもダメだ・・・・というのは自分でもわかっていました。

 

 

前の仕事での精神的なダメージもだいぶ回復してきたので、宮城から東京に出て自分のやりたい仕事をやってみたいと思い始めたました。

 

 

実は演劇をやってみたかったんですね。年齢的にも今始めないとダメかな・・・と思いました。

 

 

東京に出て派遣かバイトをしながら演劇をやっていきたいと思っていました。ただ、今はニートでバイトをちょっとしてるだけなので、貯金も

 

 

全くありません。その状態からどうやって東京に出て暮らしていくかを調べてみました。

 

 

東京で社員寮のある会社で工場の仕事をしている友人がいた 楽しそうに仕事をした居たので参考にした

 

東京でお金が無くて生活を始め類は、まず社員寮のある仕事に就くのがイイみたいです。

 

 

社員寮があれば賃貸を借りるときに最初にかかる敷金・礼金がかかりませんしね。寮だと無料とか月5千円とかで入れるところもありますからね。

 

 

寮のある仕事は意外とたくさんありました。警備員とかスーパーとか建設業とかですね。僕はスーパーの仕事で過労でダメになったのでスーパーの仕事はしたくありませんでした。

 

 

友人の一人が、東京に出ていて社員寮のある工場に勤めていたのでちょっと話を聞いてみました。

 

 

工場の仕事って、最初は慣れないので大変だけど、慣れるとそんなにつかれないみたいです。やることが一定ですからね。それで給料もそこそこよくて時間がくるとキッチリ仕事が終わるのでう予定が立てやすいみたいです。また、休みもあって有給休暇も普通に取れるのでかなり美味しい仕事みたいですね。

 

 

寮付きの工場の仕事を見てみる

【工場ワークス】

 

 

 

寮のある工場に勤めながら演劇をやっていこうと思ったんですけど、そこは正社員だけの募集だったので今回は見送りました。

 

 

 

東京に上京するために結局「上京支援サービス」を使って東京に出た ニートでも相談に乗ってくれた助かった

 

結局僕は、「上京支援サービス」を使って上京しました。上京支援サービスは東京での「住む場所」と「仕事」を一緒に紹介してくれるサービスです。

 

 

ニートの僕にも普通に相談に乗ってくれて助かりました。

 

 

住む場所は賃貸マンションから、シェアハウスなども紹介してくれます。敷金や礼金がかからない物件で、家具もついている物件なので賃貸を借りるときに最初にかかる

 

 

お金がかからないというのがよかったです。僕は貯金が無かったのでこの点はすごく助かりました。

 

 

仕事も正社員や派遣、バイトまで幅広くあって事務やコールセンター、営業や美容関係、IT関係からたいていの職種があります。僕は派遣での工場の仕事に就くことにしました。

 

 

上京支援サービスのトーキョーダイブ【TokyoDive】への登録は名前と生年月日、電話番号とメールアドレスを入力するだけで1分くらいで完了します

 

 

登録が終わると、メールかTELで担当のアドバイザーから連絡がくるので、そこで具体的な住む場所や仕事の相談受けるというわけです。

 

 

トーキョーダイブの公式サイトを見てみる



 

 

 

今では何とか東京で派遣の仕事をしながら暮らしています 仕事の合間に劇団に入って演劇の勉強をしています

 

僕は今ではニートを脱出して、東京での暮らしを何とか続けています。派遣の仕事をしながら、劇団の所属して演劇をやっています。

 

 

かなり、スケジュール的にはタイトな生活をしています。かといっても演劇だけでは当然食っていけないので、仕事も続けていくつもりです。

 

 

ただ、忙しい生活ですけど、昔のスーパーの仕事と違って自分のやりたいことができているのであまり苦にはなりません。忙しさは同じくらいでもやってることが違うとこれだけ充実感があるのかっていうのが驚きです。

 

 

劇団でウマの合う仲間もできてきて、飲みに行ったり東京の街を巡ったりしてとてお楽しいです。忙しいけど、楽しさのほうが勝っているので思い切って

 

上京して本当によかったと思っています。

 

 

派遣の仕事でも、いかかよりも時給が良いので少ないですけど貯金もできる世になってきました。月に2〜3万円ですけどためています。以前よりも何事にも前向きになっている自分がいます。

 

 

東京の生活ってやっぱり楽しいですよ。僕は東京での街並みが大好きです。たしかに人が多すぎて疲れることもありますけど、それでもこの東京っていう街のパワーがなんとなく自分に力を与えてくれるような気がします。

 

 

あなたが上京するすることがあるなら、心から東京での生活の成功を祈っています。

 

 

トップページにもどる

 

関連ページ

東京に上京したいけど無職で保証人なしでも部屋を借りれる?部屋も仕事も同時に見つかることができたお話
上京したいけど、無職だから部屋を借りられない・・・それでも探してみると無職でも賃貸契約できる方法がいくらかあります。僕は無職で上京して部屋を借りて仕事も見つけることができました。UR賃貸や仕事を斡旋してくれるサービスを活用することで無職でもなんとか上京できます。その方法をそご紹介しています。
東京に無職で上京お話 無職で保証人なしで賃貸物件借りれン状況を何とかした
東京に上京しようと思ったのが24歳の時でした。仕事を辞めて無職の状態でしたけど、賃貸物件を借りれない・・・そこでUR賃貸を当たってみたり、仕事と賃貸を一緒に探してくれるサービスを利用したりして上京することができました。無職で保証人がなくても何とかなります。その時のエピソードをご紹介します。
女性が上京して部屋探し 無職で保証人なしも借りれたました!その時の話をご紹介します
無職の女性が上京して部屋探しをするのはやっぱり民間の賃貸はむつかしいです。私はUR賃貸を検討しましたが預金の関係で保留にして、仕事と住む場所を同時に提供してくれるサービスの利用して東京で部屋探しと仕事探しを同時にクリアーしました。おかげ絵で今はやりたかったダンススクールに通って夢を追っています。その時のエピソードです。
東京で仕事探しの上京で賃貸を契約に無職で保証人なしの場合どうすればいいか?
東京で仕事探しのために上京したい人は、最初に当たる壁が賃貸の契約ですよね。上京するなら一時的に無職になります。また保証人を立てられないケースもあるでしょう。そこで保証人不要なUR賃貸を利用するか、仕事と賃貸物件を同時に斡旋してくれるサービスを利用すると安心して上京計画を進めることができます。その方法をご紹介しています。
東京で賃貸マンションを保証人不要で借りる方法 無職の場合の解決策をご紹介します
東京に状況して賃貸を借りたいけど、保証人の当てがないしかも無職という場合もあります。その場合はUR賃貸を利用するか、仕事と住む場所を同時に斡旋してくれるサービスがあるので、それを利用するとスムーズに東京での暮らしを始めることができます。東京での暮らしのスタートダッシュをうまく切りたい人はご参照ください。
東京に上京したい女性は仕事と住まい(賃貸物件)を同時提供してくれるサービスを利用しよう 一人暮らしからシェアハウスまで幅広く選択できます
東京に状況したい女性にとってネックになるのが「仕事探し」と「住む場所」です。これを同時に解決してくれるサービスがあるのでそれを利用して、上京へのハードルをクリアするのがおススメです。東京での自分のやりたいことを実現するにはまず行動することが大事です。そのサービスと東京生活の最初にやるべきことをご紹介しています。
22歳のフリーターが上京して保証人と資金なしで賃貸物件を借りた方法
22歳の時に保証人と初期費用無しで上京して賃貸物件を借りることができました。また仕事も一緒に紹介してくれる上京支援サービスを利用したので東京に出てからの生活がスムーズに始められました。
声優になりたくてお金も保証人も無しで上京して社員寮のある仕事に就いた話
私は声優になりたくて上京しました。お金が無かったので社員寮のある仕事を選んで2年ほど貯金をしてから声優の学校に通っています。そのとkにの体験談です。