東京で賃貸マンションを保証人不要で借りる方法 無職の場合の解決策をご紹介します

がんばる女の子

 

以前、私は無職の時に東京に賃貸を借りました。それでもどうしても東京に上京したかったんですね。

 

 

ただ、無職で東京で賃貸を探すってかなりむつかしいんですよね。基本無職はお断りというのが不動産屋のスタンスです。

 

 

東京の近くに住んでいれば何度も不動産屋に足を運んで、地道に無職でもOKな賃貸を探すという手もあります。

 

 

ただ、たいていは東京から遠くにすんでいて、何度も東京に足を運ぶのはむつかしい。そんな交通費ももったいないという人が多いです。

 

 

無職の場合でしかも保証人がつけられないケースも多いです。両親に頼めない。そもそも両親がいないなど親戚もいないケースの場合は保証人なし、無職というダブルコンボになってしまいます。

 

 

これって普通の賃貸アパートなんかは絶望的です。実際私も民間の不動産やをあたったことがありますけど、あまりに無理ゲーだったので途中であきらめました。もちろん無職保証人なしでも貸してくれるところはあるかもしれませんが、根性無しの性格だったせいか、あきらめてしまいました。

 

 

でもじっくり調べていると、それなりに無職で保証人無しでも東京で賃貸を借りる方法はあります。

 

 

ここではケース別にその方法をご紹介していきます。

 

 

無職で保証人も立てれないけど、ある程度貯金がある人のケース

 

なやむ女性

 

無職で保証人が立てれないけど貯金がある人なら「UR賃貸住宅」があります。

 

 

参照 UR賃貸公式サイト

 

 

UR賃貸住宅は「都市再生機構」という以前はいわゆる「公団住宅」といった住宅をリフォームして提供している賃貸です。

 

 

UR賃貸は無職でも保証人なしでも「貯金さえあれば」借りれる賃貸物件です。

 

 

貯金の要件ですけど、「家賃の100倍の貯金」があれば本当に簡単に借りることができます。たとえば家賃が4万円の物件なら400万円の貯金があれば保証人なしで無職でも借りることができます。

 

 

実際私は借りたことがあるのですが、「家賃の100倍の貯金」の確認方法は、本当に通帳のコピーを取るだけでした。

 

 

私は東京のURでしたが大阪でも名古屋でも全国同じです。通帳のコピーか残高証明でOKです。

 

 

(この辺はUR賃貸に電話で確認することをおススメします。収入要件などは時代によって変わることもありますので)

 

 

4万円の賃貸を借りるときに450万円くらいの貯金のあった通帳をコピーするだけです。あとは住民票と免許証などの本人を確認できるもの、印鑑だけで借りることができました。

 

 

ぶっちゃけて言うと本当に手続きは簡単でした。もし貯金があるならUR賃貸を利用するのがおススメなります。普通の不動産屋での賃貸契約を経験したころがある人なら、あまりに簡単に契約ができるのでびっくりするくらいです。

 

 

 

貯金が無い人の裏技

指を指す男性

 

UR賃貸は裏を返すと、「家賃の100倍の貯金」の証明が取れれば誰でも借りることができます。

 

 

そうカンのイイ人は気づいているかもしれませんが、一時的にでも通帳にその残高が入って、「家賃の100倍の貯金」の照明ができればいいわけです。

 

 

なので、4万円の家賃のUR賃貸なら、一時的にお金を借りて、通帳の残高を400万円にして「残高証明」を取ればそれで契約が取れるということです。

 

 

この残高証明はUR賃貸では「1週間有効」なので、UR賃貸契約備が3/12なら、3/6〜3/12の日付の残高証明が使えるということになります。

 

 

一時的に金を借りて、預金の残高を家賃の100倍にしてその時点で残高証明を取れば「家賃の100倍の証明」になります。

 

 

親や親せきや知人にお金を一時的に借りて残高を増やすか、キャッシングなどで一時的に借りてすぐに返済すれば通帳の残高を「一瞬」増やすことは可能ですからね。その時点の残高証明を取ればいいわけです。

 

 

 

インターネットキャッシングのキャレント

 

 

 

私は預金があったので通帳の写しでよかったですが、一時的にな収入の場合は「残高証明」のほうが堅いでしょう。

 

 

おさらいすると、

 

「家賃の100倍以上の残高証明」

 

「住民票」

 

「免許証などの本人確認できるもの」

 

「印鑑」

 

 

とこれだけで借りることができます。これは裏技的ですが、無職で保証人が立てれない人は知っておいて損はないでしょう。

 

 

 

無職で保証人が立てれず貯金も無い人の場合

ネコ

 

この場合は、「東京で仕事をさがしてくれて、同時に住む場所も提供してくれる」サービスを利用することがおススメです。

 

 

どのみち東京では働くことになるので、こういうサービスを使えばそれほど苦労することなく東京に状況してスタートダッシュを切ることができます。

 

 

 

そのサービスは「トーキョーダイブ」というサービスです。

 

 

【TokyoDive】は東京に上京する際の仕事探しと住居探しをする手間を省いてくれます。東京に状況するときのネックである「仕事」と「住居」を同時に解決してくれるサービスです。

 

 

仕事は専門の採用コーディネーターが、登録時から仕事決定までをしっかりとサポートしてくれます。仕事を変えたいときでも継続的にフォローしてくれるのが特徴です。

 

 

住む場所に関しては賃貸大手のレオパレスとシェアハウス大手と提携しており、普通なら敷金・礼金・仲介手数料などの初期費用がかかるところですが、その経費を省くことができます。また紹介してくれる賃貸物件は家具付き賃貸なので、家具購入費用も抑えることことができます。

 

 

賃貸物件を普通に借りると初期費用で最初にかなりお金がかかりますが、【TokyoDive】を利用すると、そこは無料になるということです。これはこれから上京をする人にとって、かなりうれしいメリットです。

 

 

東京に出るとなにかと物入りになります。最初の出費は可能な限り抑えておきたいところですからね。

 

 

もちろん登録から利用まで無料になっていますので、安心して【TokyoDive】を活用することができます。

 

 

【TokyoDive】を利用することで、東京での生活のスタートダッシュをスムーズに送ることができますよ。

 

 

【TokyoDive】への登録は名前と生年月日、電話番号とメールアドレスを入力するだけで1分くらいで完了します。

 

 

登録が終わると、メールかTELで担当のアドバイザーから連絡がくるので、そこで具体的な住む場所や仕事の相談受けるというわけです。

 

 

トーキョーダイブの公式サイトを見てみる



 

 

 

 

こんなかんじで、探せば無職保証人なしでも東京での暮らしを始めることはできます

笑顔の女性

 

いまでは昔と違って、無職でも東京で暮らし始めることは可能になってきいました。

 

 

東京に出て暮らし始めて働き始めれば、しばらくは生活を安定させるために、お金を貯めるのがおススメです。

 

 

自分のやりたいことを始めるにしても最低限のお金が必要ですし、まず東京での生活を安定させることが最優先です。

 

 

私も東京には7年ほど住んでいましたが、自分のやりたいことがあるパワーのある人にとってはとても暮らしやすい場所です。

 

 

田舎のような偏見もありませんし、常に新しいことを取り入れている都市なので、時代の変化にとても敏感です。

 

 

かなり人生の選択肢も広がって、特に若いうちは東京で暮らすことは人生のプラスになることが多いです。

 

 

あなたの東京での暮らしがうまくいくことを心から祈っています。

 

 

トップページにもどる

関連ページ

東京に上京したいけど無職で保証人なしでも部屋を借りれる?部屋も仕事も同時に見つかることができたお話
上京したいけど、無職だから部屋を借りられない・・・それでも探してみると無職でも賃貸契約できる方法がいくらかあります。僕は無職で上京して部屋を借りて仕事も見つけることができました。UR賃貸や仕事を斡旋してくれるサービスを活用することで無職でもなんとか上京できます。その方法をそご紹介しています。
東京に無職で上京お話 無職で保証人なしで賃貸物件借りれン状況を何とかした
東京に上京しようと思ったのが24歳の時でした。仕事を辞めて無職の状態でしたけど、賃貸物件を借りれない・・・そこでUR賃貸を当たってみたり、仕事と賃貸を一緒に探してくれるサービスを利用したりして上京することができました。無職で保証人がなくても何とかなります。その時のエピソードをご紹介します。
女性が上京して部屋探し 無職で保証人なしも借りれたました!その時の話をご紹介します
無職の女性が上京して部屋探しをするのはやっぱり民間の賃貸はむつかしいです。私はUR賃貸を検討しましたが預金の関係で保留にして、仕事と住む場所を同時に提供してくれるサービスの利用して東京で部屋探しと仕事探しを同時にクリアーしました。おかげ絵で今はやりたかったダンススクールに通って夢を追っています。その時のエピソードです。
東京で仕事探しの上京で賃貸を契約に無職で保証人なしの場合どうすればいいか?
東京で仕事探しのために上京したい人は、最初に当たる壁が賃貸の契約ですよね。上京するなら一時的に無職になります。また保証人を立てられないケースもあるでしょう。そこで保証人不要なUR賃貸を利用するか、仕事と賃貸物件を同時に斡旋してくれるサービスを利用すると安心して上京計画を進めることができます。その方法をご紹介しています。
東京に上京したい女性は仕事と住まい(賃貸物件)を同時提供してくれるサービスを利用しよう 一人暮らしからシェアハウスまで幅広く選択できます
東京に状況したい女性にとってネックになるのが「仕事探し」と「住む場所」です。これを同時に解決してくれるサービスがあるのでそれを利用して、上京へのハードルをクリアするのがおススメです。東京での自分のやりたいことを実現するにはまず行動することが大事です。そのサービスと東京生活の最初にやるべきことをご紹介しています。
22歳のフリーターが上京して保証人と資金なしで賃貸物件を借りた方法
22歳の時に保証人と初期費用無しで上京して賃貸物件を借りることができました。また仕事も一緒に紹介してくれる上京支援サービスを利用したので東京に出てからの生活がスムーズに始められました。
ニートで上京して一人暮らしをしたい 無職でお金無しでも東京で仕事を探した話
田舎でニートをやっていた僕が無職で貯金無しの状態で東京に上京して、賃貸アパートと派遣の仕事を見つけた話です。お金が無くても上京することができるので安心してください。
声優になりたくてお金も保証人も無しで上京して社員寮のある仕事に就いた話
私は声優になりたくて上京しました。お金が無かったので社員寮のある仕事を選んで2年ほど貯金をしてから声優の学校に通っています。そのとkにの体験談です。