家を出たいけどお金がない フリーターや無職でも一人暮らしを始める方法

実家

 

 

こんにちは。池田さとしです

 

 

実家が窮屈で出たいという人は多いです。

 

 

親との仲が悪いから家を出たいと思っていたり、親から暴力を振るわれる虐待を受けていた、毎日のように文句を言われるなど

 

 

深刻な状況もあると思います。、それ以前にこのまま自分が実家に居たらダメになるみたいに前向きに考えている人もいますしね。

 

 

とにかく実家を出るということは、ある程度の収入と賃貸物件を借れることというのが前提になってきます。

 

 

ただ、自分がフリーターだったりするとなかなか貯金も無かったりしていきなり賃貸を借りることができない場合もあって、一人暮らしが難しい場合ってありますよね。

 

 

そういう場合東京などの都市で仕事を探すのがベターです。なぜなら都市部では仕事も多いですし、給料も田舎に比べると正直高いです。

 

 

都市のほうが選択肢が多く、なによりこれからの可能性を十分に自分で確認できるのが都市のいいところです。

 

 

上京したくてもお金が無い場合、住む場所と仕事を提供してくれる「上京支援サービス」がある

 

ただ、家を出たくてもお金が無くて、しかも賃貸には保証人を必要とする場合が多いです。

 

 

家を出たいという理由がある人は、親に保証人を頼めないという場合も多く、最初に賃貸を借りるには敷金と礼金などで

 

 

30〜40万円くらいが最初の費用で掛かってしまうのが普通です。

 

 

普通に賃貸アパートを借りようとするとなかなか貯金が無かったりフリーターだったりすると難しいものがります。

 

 

 

お金が無い、フリーターで都市に行くときには無職になってしまう・・・そういう悩みがある場合には「上京支援サービス」を利用するのがベターです。

 

 

 

上京支援サービスは東京での「新しい住む場所」と「新しい仕事」を紹介してくれるサービスです。

 

 

都市部では若い人材が少子化の影響で足りないので、実は人手不足と言うのもあります。そういう企業と上京したい人のニーズがマッチしているため、上京支援サービスが運用されているんですね。

 

 

上京支援サービスの「トーキョーダイブ」を利用することで、無理なくお金が無くても、無職であっても東京での生活を開始することができます。

 

 

住む場所も普通の賃貸物件から、シェアハウスなどを選べますし、仕事の形も正社員、派遣社員、バイトと幅広く選ぶことができます。

 

 

トーキョーダイブ【TokyoDive】への登録は名前と生年月日、電話番号とメールアドレスを入力するだけで1分くらいで完了します。

 

 

登録が終わると、メールかTELで担当のアドバイザーから連絡がくるので、そこで具体的な住む場所や仕事の相談受けるというわけです。

 

 

トーキョーダイブの公式サイトを見てみる



 

 

とにかく家を出たいなら、まず仕事を探してからのほうが無難 フリーターだとなかなかお金もたまらないし部屋も借りにくいですからね

 

 

とにかく家を出たいなら、まずは仕事を探しておいたほうが無難です。正直フリーターだとお金もたまりませんし、賃貸物件を探すにしてもバイト扱いだと断られることも多いですしね。

 

 

日本てとにかく収入が多いかどうかじゃなくて、「正社員」かどうかで判断されることが多いんですよね。

 

 

だから、地元でアパートを借りるにしても、都市に出るにしてもまずは仕事を探しておいてからのほうが行動が楽です。

 

 

一番楽なのは「独身寮があるような仕事」ですね。寮があれば家賃がタダの場合もありますし、家賃がかかったとしても1万円以内で済む場合もあります。

 

私は以前工場で働いていましたが、その時は寮のある工場で働いていました。工場系ってなんかイメージだけで避ける人もいますけど

 

 

残業も無くきちっと時間で終わりますし、休みもカレンダー通りで休めますし、残業代もつくので拘束時間が少ないんですよね。

 

 

ヘタに飲食業とか営業とかの仕事をやってしまうと、サービス残業でエンドレスで働いて休日出勤とかもあってろくに休めないって言うこともあります。

 

 

寮付きのホワイト工場の仕事に就くことができれば家を出て仕事も得ることができるのでこういった選択肢もアリでしょう。

 

 

寮付きの工場の仕事を見てみる

【工場ワークス】

 

 

 

家を出たいときには、とにかく便利なサービスをうまくりようするのがベターです

 

 

普通に家を出て賃貸物件を借りようとすると、保証人だったり初期費用だったりというのがネックになってなかなか一人暮らしができないというのもあります。

 

 

ただ、こういう上述したような、一人暮らしを始めるときに便利なサービスって探せが意外とあるんですよね。

 

 

家を出たい、もう我慢できない一人暮らししたいという場合には、こういった便利なサービスをうまく利用することがとても大事です。

 

 

そういった便利なツールもあるので、あとは行動するだけですからね。ずっと家にいるとそれだけ時間が無駄になりますし

 

 

一度、一人で暮らしてみて自分がどういった可能性があるかどうかを確かめてみると将来の糧になってきますからね。

 

 

あたなの家を出てからの生活の成功を心から祈っています。

 

 

トップページにもどる

関連ページ

上京するために家を出たいが生活費が無い時の対応方法 無職やフリーターでも賃貸が借りられる
家を出たいけど生活費が無い。そういう場合は社員寮のある仕事を選ぶか、住む場所と仕事を斡旋してくれる上京支援サービスを利用すると無理なく家を出ることができます。