東京に上京したいけど無職で保証人なしでも部屋を借りれる?部屋も仕事も同時に見つかることができたお話

カフェ

 

僕は26歳の「トオル」といいます。去年まで地元の製造業で働いていたんですけど、リーダーのパワハラで精神的に限界がきて退職してしまいました。

 

 

しばらく失業保険とバイトでつないでいましたが、もう地元の会社で働きたくない・・・というかこの田舎を出たいという気持ちが強くなってきたんでね。

 

 

もともと、僕はシステムの仕事をしたかったんですけど、この田舎ではそういう仕事はほとんどなくあきらめていました。

 

 

そこで東京に出てシステム構築関連の仕事を探してみようと、サイトで求人情報などを見てみました。まだ20代なら未経験でも雇ってくれるシステム関連の会社がそこそこありました。都市部では仕事はたくさんあります。

 

 

僕は、東京に上京して部屋を借りて仕事を探そうと不動産屋を当たってみました。

 

 

しかし、バイトで親にも保証人を頼めない僕はことごとく断られました。東京に上京するときは無職になりますし、当然といえば当然なんですけど、ここで民間の不動産屋を当たるのは断念しました。

 

 

UR賃貸住宅は無職でも保証人がなくても貯金さえあれば部屋を借りることがでる

可愛いアドバイザー


UR賃貸住宅は「保証人なし」「更新料無し」「仲介手数料なし」「礼金なし」で部屋が借りられる賃貸物件です。

 

 

参照 UR賃貸住宅

 

 

もともと公団住宅だったものを、リフォームして賃貸物件にしています。無職でも「貯金さえあれば」部屋を貸してくれます。

 

 

条件は「家賃の100倍の預金」です。家賃が3万円なら、300万円の預金の残高証明があればOKなんですね。

 

 

僕はUR賃貸で4万円の家賃位の物件を見つけたんですけど、400万円の預金がなかったので、保留にしました。

 

 

ただ、預金のある人で無職で保証人が無くても簡単に部屋を借りられるので、UR賃貸は知っておいて損はないでしょう。

 

申し込みも非常に簡単で、
印鑑・住民票・本人確認できるもの(免許証)・預金の残高証明・敷金2か月分・日割り家賃

 

 

とこれだけで申し込みが完結します。かなり簡単です。

 

 

敷金も退去するときには帰ってきます。普通の民間の賃貸はなら敷金は帰ってきませんし、仲介手数料や二年ごとの更新料とかかかります。

 

 

UR賃貸は実質家賃だけで借りられるので、その点は大きなメリットです。

 

 

家賃の100倍預金の残高証明の裏技

考える男性

 

 

裏技というほどではないんですけど、この「家賃の100倍の預金の残高証明」って銀行や郵便局でとったりするんですけど、(通帳のコピーでもOKの場合があります。そこはUR賃貸の営業所によってちがいがあるみたいなので問い合わせてみてください)

 

 

これって、お金を借りて一瞬通帳に預金を増やして、残高証明を取ればそれでOKになるんですよね。親や知人、キャッシングでもいいので、預金残高を増やして残高証明を取ればいいわけです。

 

 

 

そしてUR賃貸を契約してお金をすぐに返せば、裏技終了です。

 

 

残高証明はUR賃貸を契約する日から一週間以内のものが有効です。契約日が5/10だったら5/4〜5/10発行の残高証明が必要になります。

 

 

実際それをやってる人もいますし、こういうやり方を「知って」おいても損は無いですしね。

 

 

インターネットキャッシングのキャレント

 

 

 

参照 はぴらき合理化計画

 

 

 

私は仕事と賃貸を同時に紹介してくれるサービス「トーキョーダイブ」を利用しました

コーヒーを飲む男性

 

UR賃貸を調べていると、「トーキョーダイブ」という「仕事と賃貸を同時に斡旋してくれる」というサービスを見つけました。

 

 

かなり僕のニーズにあっていたので、とりあえず登録して仕事と賃貸について相談してみました。

 

結果、このサービスを利用して仕事と賃貸を同時に斡旋してもらうことになりました。

 

 

 

【TokyoDive】は東京に上京する際の仕事探しと住居探しをする手間を省いてくれます。東京に状況するときのネックである「仕事」と「住居」を同時に解決してくれるサービスです。

 

 

仕事は専門の採用コーディネーターが、登録時から仕事決定までをしっかりとサポートしてくれます。仕事を変えたいときでも継続的にフォローしてくれるのが特徴です。

 

 

住む場所に関しては賃貸大手のレオパレスとシェアハウス大手と提携しており、普通なら敷金・礼金・仲介手数料などの初期費用がかかるところですが、その経費を省くことができます。また紹介してくれる賃貸物件は家具付き賃貸なので、家具購入費用も抑えることことができます。

 

 

賃貸物件を普通に借りると初期費用で最初にかなりお金がかかりますが、【TokyoDive】を利用すると、そこは無料になるということです。これはこれから上京をする人にとって、かなりうれしいメリットです。

 

 

東京に出るとなにかと物入りになります。最初の出費は可能な限り抑えておきたいところですからね。

 

 

もちろん登録から利用まで無料になっていますので、安心して【TokyoDive】を活用することができます。

 

 

【TokyoDive】を利用することで、東京での生活のスタートダッシュをスムーズに送ることができますよ。

 

 

【TokyoDive】への登録は名前と生年月日、電話番号とメールアドレスを入力するだけで1分くらいで完了します。

 

 

登録が終わると、メールかTELで担当のアドバイザーから連絡がくるので、そこで具体的な住む場所や仕事の相談受けるというわけです。

 

 

トーキョーダイブの公式サイトを見てみる



 

 

 

 

 

 

今、システム関係の仕事をしながら東京での生活を満喫しています

システム関連の仕事

 

東京に出てきて1年ですけど、だいぶ仕事と生活に慣れてきました。仕事は大変だけど自分のやりたい分野なので、それほど苦労は感じません。

 

 

東京に出てきてから、自分の地元にはない情報や遊びがたくさんあってもっと早くに出てくればよかった・・・と後悔しています。

 

 

それだけ、自由度が高いんですよね。東京だとある程度自分のやりたいことは選択肢が多い分すぐに見つかります。

 

 

仕事もそうですし、趣味も簡単に見つかります。人は多くて通勤は辛いですけどね。いまだに朝のラッシュは慣れないですけどね。

 

 

東京に出てきてよかったです。システム関連の仕事は日々情報が進化していて、どんどんあたらしい技術が出てきています。

 

 

それを最先端の技術を習得できる現在の仕事にとてもやりがいを感じています。

 

 

田舎でやっていた製造業の仕事は毎日同じものを作り、より良いものを作っていくという感じが全くなかったです。

 

 

それに比べると今では、毎日が新しい情報を得られるこの仕事に刺激を感じています。本当によかったです。

 

 

これから東京に上京してきて、自分のやりたいこととをやろうとしているあたなの成功を心から応援しています。

 

 

トップページにもどる

関連ページ

東京に無職で上京お話 無職で保証人なしで賃貸物件借りれン状況を何とかした
東京に上京しようと思ったのが24歳の時でした。仕事を辞めて無職の状態でしたけど、賃貸物件を借りれない・・・そこでUR賃貸を当たってみたり、仕事と賃貸を一緒に探してくれるサービスを利用したりして上京することができました。無職で保証人がなくても何とかなります。その時のエピソードをご紹介します。
女性が上京して部屋探し 無職で保証人なしも借りれたました!その時の話をご紹介します
無職の女性が上京して部屋探しをするのはやっぱり民間の賃貸はむつかしいです。私はUR賃貸を検討しましたが預金の関係で保留にして、仕事と住む場所を同時に提供してくれるサービスの利用して東京で部屋探しと仕事探しを同時にクリアーしました。おかげ絵で今はやりたかったダンススクールに通って夢を追っています。その時のエピソードです。
東京で仕事探しの上京で賃貸を契約に無職で保証人なしの場合どうすればいいか?
東京で仕事探しのために上京したい人は、最初に当たる壁が賃貸の契約ですよね。上京するなら一時的に無職になります。また保証人を立てられないケースもあるでしょう。そこで保証人不要なUR賃貸を利用するか、仕事と賃貸物件を同時に斡旋してくれるサービスを利用すると安心して上京計画を進めることができます。その方法をご紹介しています。
東京で賃貸マンションを保証人不要で借りる方法 無職の場合の解決策をご紹介します
東京に状況して賃貸を借りたいけど、保証人の当てがないしかも無職という場合もあります。その場合はUR賃貸を利用するか、仕事と住む場所を同時に斡旋してくれるサービスがあるので、それを利用するとスムーズに東京での暮らしを始めることができます。東京での暮らしのスタートダッシュをうまく切りたい人はご参照ください。
東京に上京したい女性は仕事と住まい(賃貸物件)を同時提供してくれるサービスを利用しよう 一人暮らしからシェアハウスまで幅広く選択できます
東京に状況したい女性にとってネックになるのが「仕事探し」と「住む場所」です。これを同時に解決してくれるサービスがあるのでそれを利用して、上京へのハードルをクリアするのがおススメです。東京での自分のやりたいことを実現するにはまず行動することが大事です。そのサービスと東京生活の最初にやるべきことをご紹介しています。
22歳のフリーターが上京して保証人と資金なしで賃貸物件を借りた方法
22歳の時に保証人と初期費用無しで上京して賃貸物件を借りることができました。また仕事も一緒に紹介してくれる上京支援サービスを利用したので東京に出てからの生活がスムーズに始められました。
ニートで上京して一人暮らしをしたい 無職でお金無しでも東京で仕事を探した話
田舎でニートをやっていた僕が無職で貯金無しの状態で東京に上京して、賃貸アパートと派遣の仕事を見つけた話です。お金が無くても上京することができるので安心してください。
声優になりたくてお金も保証人も無しで上京して社員寮のある仕事に就いた話
私は声優になりたくて上京しました。お金が無かったので社員寮のある仕事を選んで2年ほど貯金をしてから声優の学校に通っています。そのとkにの体験談です。